『近江八幡ちょこっと散策』 

こぶおさんが所用で近江八幡へ・・・
同じ関西圏にいても滅多に行くチャンスのない場所!!
『こぶこも連れてって~』と車に乗り込み一人でマチプラ散策です(^^♪


**日牟禮八幡宮**
千年以上の歴史を誇る神社は、古くから近江商人の絶大な信仰を集め
鎌倉時代の木像神坐像をはじめとする重要文化財も多く保管されています
毎年3月14、15日(に近い土日開催)に行われる左義長祭は平安時代の宮中で
正月に毬杖・毬打(ぎっちょう・ぎちょう)という道具を用いて
行われていた遊戯・打毬(だきゅう)の破損したものを青竹につるし
陰陽師が謡いはやしながら焼く行事が起源(とんどやきのようなものです)
焼く際に三本の毬杖・毬打(ぎっちょう・ぎちょう)をまとめて焼いたことから
三毬杖(さぎっちょう)左義長(さぎちょう)となったそうです
この火に当たると『若返る』とか餅を焼いて食べると『病気をしない』などと言われているそうです【左義長祭HPより】
IMG_7957 (598x800)IMG_7960 (598x800)
IMG_7958 (598x800)IMG_7962 (598x800)
IMG_7956 (598x800)IMG_7961 (598x800)


**八幡堀**
日牟禮八幡宮のさらに奥、八幡山山頂には、かつて秀吉の甥 豊臣秀次が築いた八幡山城がありましたが
今は城跡のみ(現在は京都から移築した瑞龍寺があるそうです)
琵琶湖のすぐ東側に建つこの山城を囲んでグルっと堀が作られています
白壁の土蔵が建ち並ぶ八幡堀をゆっくり船で巡るのも楽しそうですね【八幡堀めぐりHP】
IMG_7966 (598x800)IMG_7967 (598x800)


**永原町.新町通り**
豊臣秀次によって開かれた城下町「近江八幡」は近江商人の発祥地
商家や白壁の土蔵群は江戸中期から明治時代に活躍した近江商人の面影を偲ばせています
(重要伝統的建造物保存地区に選定されています)
IMG_7974 (598x800)IMG_7969 (598x800)
IMG_7971 (598x800)IMG_7972 (598x800)


**市立資料館・旧伴家住宅**
 国指定の重要文化財【西川家住宅】とともに見学できる【旧伴家住宅】は江戸時代初期から活躍した八幡商人の一人で。
主に畳表・蚊帳(かや)を商って財を成した豪商。資料館では建物や資料の管理・運営をされています【市立資料館ほかHPより】
IMG_7975 (598x800)IMG_7976 (800x598)


**近江兄弟社(メンターム)**
アメリカのメンソレータム社の軟膏を日本国内で製造販売していた近江兄弟社
1974年経営破たんした際に販売・製造権を返上した為、再興した際にはロート製薬が権利を持っており
名前が使用できず唯一商標登録していた【メンターム】で発売
今では黄色ワセリンを使うロート(看護師マーク)のメンソレータムと白色ワセリンのメンタームの2種類が存在しています
IMG_7977 (598x800)IMG_7978 (598x800)


**白雲館・日牟禮八幡宮鳥居**
1877年に西洋建築物として建てられた八幡東学校を復元した白雲館。
現在1階は特産物の紹介所や観光案内所として2階はギャラリとして利用されています
白雲館を出てすぐ目の前にみえるのがこの鳥居
参道にはバームクーヘンで有名なクラブハリエの店舗があります
IMG_7984 (598x800)IMG_7982 (598x800)



**クラブハリエ日牟禮ヴィレッジ・たねや**
滋賀県人の自慢は【琵琶湖と近江牛とクラブハリエのバームクーヘン】というだけあって
この日も県外からのお客様で大賑わい(向いは同じグループの和菓子販売たねや)
ただ残念ながら【日牟禮ヴィレッジ】では「焼きたてバームクーヘン」の販売は終了したそうです
と・・・いいつつも県内にたくさん店舗があるので回ればどこかで手に入るかもね
【たねやグループHP】
IMG_7986 (598x800)IMG_7985 (598x800)

こぶおさんの用事がすむまで二時間くらいかな?
急なおでかけだったので下調べもしてないままスマホ片手にウロウロしてたんですが
街中ではポケモンGOをされてる方が多くて、きっとお仲間さんだと思われたでしょうね
途中何度もお声をかけられそうになりましたよ(笑)


グルっとまわっても半径1㎞圏内のコンパクトな観光地ですが
そろそろ足も疲れてきたんでお土産選びに・・・



**八幡堀 石畳の小路・千成亭八幡堀店**
八幡堀を散策しているとかわいらしい小路
カフェやアトリエ、湖魚専門店などがある中に肉好きなこぶおさんにピッタリのお店発見!!
勿論近江牛も売っていましたよ~売っていましたけどね~最近霜降りの多いお肉はめっぽう弱くなった
彼の為に近江で・・・豚・・・ソーセージ…(笑)
IMG_7979 (598x800)IMG_7987 (598x800)

お買い物を満喫しているとこぶおさんから戻ってきてメール
急いで待ち合わせ場所へLET'GO!!

IMG_7991 (600x800) 家に帰って黒ビールと一緒に・・・


デザートはクラブハリエのケーキ
IMG_7992 (600x800)IMG_8004 (600x800)IMG_7998 (600x800)


家に帰ってきてからアレコレ調べたら良いとこがいっぱいの近江八幡~♪♪
今度は友達を誘ってゆっくり来よう~(^^♪



ウォーキング距離  5・6㎞
歩数     9615歩
上った階数 1階
スポンサーサイト

[2016/09/04 23:59] プチお出掛け | TB(0) | CM(0)

長浜 『黒壁スクエア』 

友人と久々にランチの約束
彼女・・・最近10歳も年下の彼氏が出来たようでウキウキワクワク♪♪
それならばチョコット遠出でもして思いっきりノロケ話を聞いてあげましょうかね~♪


9:30 JR大阪駅で待ち合わせ滋賀県長浜まで1時間半の長旅(*^_^*)
DSCF0275.jpg
先日までの寒波の影響で雪が積もっていました(((゜д゜)))サムイ~

【長浜駅】
DSCF0276_20110322171621.jpg
手動で開け閉めする列車には似つかわしくない?ほど立派な駅舎

駅前には大河ドラマ『江』の関連地の案内やら今秘かに人気沸騰中?
『花◎マーケット』で放映されていた『黒壁スクウェア』の案内
DSCF0277_20110322171710.jpg

豊臣秀吉と石田光成『出会いの像』
DSCF0278_20110322171149.jpgDSCF0280_20110322171149.jpg
『三献の茶』の話をふふふ~んなんて読みつつ・・・お腹も空いたのでお昼のお店へ猛ダッシュ!!


長浜の親子丼で有名なお店です♪♪
11:30のオープン前に到着!!行列が無いけど・・・まさかもう開いてるの?と中に入るとすでに結構な人・・・
間一髪で座れました(#^.^#)ホッ!!

<メニュー>
DSCF0281_20110322171148.jpg

<親子丼¥580>
DSCF0282_20110322170945.jpgDSCF0283_20110322170945.jpg
今では珍しくないビジュアルですが・・・
田舎の普通のうどん屋さんの親子丼がコレなら間違いなく。+゚(*´∀`*)。+ステキ!!

お店を出たら凄い行列になってました!!
【鳥喜多】
DSCF0284.jpgDSCF0285.jpg
住所: 滋賀県長浜市元浜町8-26 HP
電話: 0749-62-1964
営業: 11:30~14:00/16:30~19:00
定休: 火曜日


お腹も満たされたので・・・ブラリ旅スタート!!

【黒壁スクエア】
明治33年 国立第百三十銀行長浜支店が市内北国商店街沿いに完成
その外壁が黒漆喰の壁であったことから「黒壁銀行」という愛称で市民に親しまれていた
昭和末期、建物が解体の危機に遭遇、町の有志が建物の保存と商店街などの活性化を目的として購入
江戸時代の面影を残す建物を生かしながら少しづつ黒壁で統一し雰囲気のある町並みを作り上げている(HP参照)

DSCF0289-1_20110322164557.jpgDSCF0290.jpgDSCF0291.jpg
DSCF0293.jpgDSCF0294.jpg

DSCF0292.jpg
さつまいも餡のきんつばを買い食いしながら…(美味しくって帰りに友人はお土産にしてました!!)
ブラブラ趣のある町並みを散策♪♪

【黒壁1號館(旧黒壁銀行)黒壁ガラス館】
DSCF0310.jpg
DSCF0295.jpgDSCF0298.jpgDSCF0296.jpg
DSCF0299.jpgDSCF0300.jpgDSCF0303.jpg
ベネツィア文化の紹介という事で・・・直輸入の仮面なんかも展示販売されてました\(◎o◎)/!イガイトステキ!!
DSCF0301.jpgDSCF0359.jpg
強化ガラスで出来ているので何十年使っても使い心地は衰えることなくきめ細やかさを維持できるそうです
さらに固いものにぶつけて欠けてしまっても割れた部分は丸みがあってほとんど怪我の心配なし!!
(家に帰って『深爪こぶお君』に使い心地をみてもらいましたが金属のやすりより仕上がりが細かいと絶賛!!)
大きいもので¥1260、化粧ポーチに入る小さめのもので多分¥680位だったような・・・お土産に最適♪♪

【黒壁5號館 札の辻本舗】
DSCF0304.jpg
DSCF0308.jpgDSCF0309.jpg
『建物の前にある‘金の草履’は、かつて秀吉を出世に導いた草履にちなんだもの。(信長の草履を懐で温めたという有名な話)秀吉が出世した長浜城の大手門通と北国街道の交差するここ‘札の辻’で金の草履を履けばあなたもきっと出世街道の旅人になれることでしょう』と書いてあります…
出世を目指して試してみるのも良いですね(*^。^*)

【京極寿し】
DSCF0312.jpgDSCF0356.jpg
せっかく鯖街道まで来たんですもの・・・『鯖寿し』はお土産に買わないとね♪


お寿司を買ったら向いでお茶休憩です(#^.^#)
【かどや】
DSCF0317.jpgDSCF0318.jpg
DSCF0313.jpgDSCF0315.jpgDSCF0316.jpg
滋賀と岐阜の県境にあるスキー場でお馴染の伊吹山のよもぎを使った『麩まんじゅう』
お餅とまた違った柔らかい食感&優しいコシ餡の甘さ♪♪お茶まで入れて頂けて。+゚(*´∀`*)。+ウレシイ♪♪

町並みに溶け込む外観の『長浜ラーメン』(・・?アレ・・・(・・?アレレ???
DSCF0321_20110322180629.jpg
長浜って・・・長浜なんですけど・・・長浜ラーメンって確か・・・福岡の長浜だったような・・・
ややこしいのですが滋賀県の長浜で食べられる『博多長浜ラーメン』のお店なんですって!!(@_@;)ヤヤコシイ

秀吉の馬印『千成ひょうたん』デザインのマンホール♪まわりのハート柄も。+.゚(o^Д^o)。+.゚カワィィ!!!
DSCF0322.jpg

【大通寺】
DSCF0333.jpgDSCF0332.jpg
本願寺12世の教如上人が、湖北門徒に仏法を説き広めるための道場を、旧長浜城内に開いたのが始まり
そのころは、長浜御堂と呼ばれていました(東本願寺別院)
DSCF0329.jpgDSCF0331.jpgDSCF0330.jpg
天井には参拝の証に貼る千社札がペタペタ
貼ってる間は参拝してるのと同じ効果が得られると言われ江戸時代中期以降に流行ったそうですが
最近はお店の宣伝とかに利用している人も目立つそうです.+゚*。:゚+(つ×`)=O)困ったょょ.+゚*。:゚+
DSCF0327.jpgDSCF0326.jpg

参道にはお土産物屋さんなんかにまじってお洒落な雑貨屋さんやカフェ…
DSCF0335_20110322234844.jpgDSCF0340.jpgDSCF0341.jpg
DSCF0336.jpgDSCF0338.jpgDSCF0339.jpg
DSCF0337.jpg そして凄く素敵なゲストハウス発見!!─ヽ(○≧ω≦)(≧ω≦●)ノ─ステキ!!☆彡

『季の雲ゲストハウス』
町屋風の建物を改装した一つ一つが全く違う趣のゲストハウス(一棟貸)
道を挟んで向かい合って並んだお家はお風呂・台所・お庭完備で・・・まるで別荘感覚
風情のある町並みで暮らしてるかのような気分を体験出来そうです
詳しくは→コチラで確認を!!『季の家ゲストハウスHP』
今度はゆっくりコチラに泊ってのんびり観光も良いですね♪♪


そろそろ歩き疲れてきたので・・・
DSCF0343.jpgDSCF0342.jpg
叶匠寿庵さんのカフェで休憩…と思ったらお休みでした゚.:。+゚ (´Дq○)ザンネン.:。+゚
こちらのカフェでは近江発祥のお店らしく『近江牛カレー¥1500』も食べれたりするんですって♪♪


ごま油や椿油を販売している『油甚』さんのウィンドゥを眺めつつ・・・
DSCF0344.jpgDSCF0346.jpg
                                  賑やかな『曳山博物館』のカフェでコーヒータイム♪(-_-;)ツカレタ~



そろそろ帰りの電車の時刻も迫ってきたので・・・
ここからは一気に買物タイム
商店街の中にある【まちなか まちの駅】にて
今回は『鯖そうめん』とともに食べれなかった『のっぺいうどん』と『焼鯖寿司』も買っちゃいました♪♪
DSCF0348.jpgDSCF0358.jpgDSCF0357.jpg
DSCF0350.jpgDSCF0349.jpgDSCF0361_20110323003408.jpg
何故か・・・黄色の旗にカレーと書いてあると惹かれちゃうんですよね~『近江牛カレーパン』
この駅前のパン屋さんで買い忘れていたコチラも無事GET!!
DSCF0355.jpg


ダッシュで駅に戻りながらも気になるお店発見!キャハ~(*゚∀゚*)ステキ~!!
DSCF0351.jpg
映画のセットのようなノスタルジックな雰囲気♪
看板の『酒、洋食、丼物、うどん』の洋食ってどんなんか気になる~是非今度チャレンジです!!

DSCF0352.jpgDSCF0353.jpg
2:29 長浜発 新快速乗車…右手に琵琶湖を眺めながらまたまた楽しいおしゃべり三昧
近所のスーパーで買物をして17:00前には帰宅(#^.^#)

滞在時間は3時間ほどでしたが駅から近い場所にコンパクトに見どころがつまっているので十分楽しめます
さらに時間があれば大きな万華鏡や駅の反対側の長浜城なんかにも足を延ばしてみるのも良いですね♪♪
少し長旅ですが時間がたっぷりあったので…
出会いから現在に至るまでの素敵な様子をしっかり伺わせて頂きました!!( ≧∀≦)ノキャハッ!!



【行き方】
JR大阪駅→長浜駅へは新快速で1時間40分位

【運賃】
六甲道~長浜まで通常¥2520×2ですが(大阪~長浜¥1890)

金券ショップで 
神戸~大阪、大阪~京都の往復回数券¥1600を購入して長浜駅で乗り越し精算¥1280×2でOK
これだと¥880円お得

さらに時間に余裕があれば…
10:00~17:00使用の『昼得』を利用すれば¥1160+(¥1280×2)で¥1320もお得に!!