FC2ブログ












『初秋の小豆島 オリーブ満喫の旅♪♪』・・・カントリー イン ザ ホワイトマリーン編⑦ 

今回の旅行はいつもとチョット趣向をかえて・・・
こんなところを宿泊先に選んでみました♪♪


【カントリー イン ザ ホワイトマリーン】
025 (800x600)
海岸沿いの高台に建つ可愛いペンション♪♪
お部屋はこちら本館とむかいに別館・・・

私たちはこちらに・・・
024 (800x570)
海の見える別館のトリプル対応のツゥインルーム・ゆったりしたベランダとデッキチェアー付
シャワー、トイレ完備・本館に貸切家族風呂・歯ブラシ・タオル・ドライヤー・シャンプー・石鹸
寝間着は基本なし(いる場合はフロントで貸出あり)・ミネラルウォーター&そうめんのお土産
080 (800x600)081 (800x600)082 (800x600)
084 (800x600)083 (600x800)
残念ながら部屋のお風呂はユニットバスなんですが・・・
ペンションから歩いてすぐの所に海が見渡せる温泉があって、皆さんそちらを利用されてるそうです
こちらのペンションで半額割引券が頂けます(*^^)v

【オリーブ温泉】
image_r1_c1.gifimage_r1_c2.jpg
オリーブ温泉は地下1,600m、約8,000万年前の恐竜時代の地層より湧き出る本格天然温泉です。
日本でもトップクラスの含有量を誇るカルシウムは・・・
高血圧、動脈硬化、脳卒中、打ち身、切り傷、火傷、痔、捻挫に効能があります。
また、ナトリウム、マグネシウムなどのミネラルやラドンも豊富に含まれており慢性リューマチ、筋肉痛、
関節痛、冷え症の方に最適です。質はさらっとした肌ざわりで、いわゆる'美人の湯'の特徴を有しています。
ごゆっくりとご堪能下さい。 【HPより】
pic01.jpgpic02.jpgpic03.jpg
住所:小豆郡土庄町字半の池甲1360-10
電話:0879-61-1136
営業:10:00~0:00(受付は23:00まで)
入館料/大人(中学生以上) 800円
   /子供(小学生以下) 600円
※貸しバスタオル付


実はこの温泉、神戸でもお馴染みのマルナカスーパーが運営していてスーパーの隣接施設になります
なので・・・風呂上りは涼みがてらスーパー内を散策・・・
お気に入りのビールを買ったり、珍しいカップ麺を見ては盛り上がったり(笑)

探していた生そうめんはありませんでしたが・・・
そうめんの端っこが激安の98円で売っていたのでGET!!
【ふしめん】
106 (800x600) お味噌汁に入れて食べるのが大~好き♪♪


神戸ではあまり見ない生の穴子や地物の小ぶりな焼き穴子(8~10本位入って¥1000)なんかも売ってました
お土産物屋さんで買い物するのも便利で良いけど、地元のスーパーでお土産探しも楽しいね♪♪



【夕飯】18:30~
ホワイトマリーンさんの自慢は海の幸とオリーブをふんだんに使ったイタリア料理♪♪
今回は二人で仲良くシェアするプランでお願いしました(*^。^*)

**前菜6種盛り**                       **イカスミパスタ&タコとトマトのペンネ**
086 (800x600)094 (800x600)
カルパッチョ・エビ・タコ・ニシガイ((*´゚艸゚`*))まぃぅ~♪      味付けも勿論の事、パスタのアルデンテ加減が秀逸です!!

085 (600x800) 魚介にピッタリのスッキリした白ワイン・・・

何気にオリーブに付けて食べるパンも美味~♪♪
093 (800x600)092 (600x800)


**真鯛の香草風味オーブン焼**                   **ビーフステーキホワイトマリン風**
097 (800x600)099 (800x600)
デカイ!!(笑) 味付けが濃すぎず薄すぎずベスト!!           お肉の何と!!何と!!柔らかいこと(●>艸<)美味!!

098 (600x800)  赤もグビグビ飲みますよ~♪♪

103 (600x800)104 (800x600)
こぶおさん絶賛のティラミス♪♪ ブラックコーヒーによく合いました(*^。^*)オナカクルシィ~!!
食べきれないほどの量でお腹も一杯大満足な夕食でした
(*_ _)人ゴチソウサマデシタ♪♪

【朝食】8:00~
001 (800x600)
005 (800x600)004 (800x600)002 (800x600)003 (800x600)
パンがゥマ━━((☆≧Д≦)p━━ィ♪・:,そしてフワトロのスクランブルエッグ♪♪
朝からリッチな気分になりました



しっかり朝食も頂いたので・・・
エンジェルロードへお散歩がてら散策に行ってきます♪♪(続く)
スポンサーサイト

[2012/09/22 23:59] 旅行 | TB(0) | CM(2)

『初秋の小豆島 オリーブ満喫の旅♪♪』・・・小豆島ふるさと村編⑥ 

井上誠耕園さんから車で6分/2.3㎞・・・
島宿真里さんで頂いた【生そうめん】があまりにも美味しかったので【そうめん館】も併設している
こちらの道の駅に・・・

【道の駅・海の駅 小豆島ふるさと村】
077 (800x600)
広い園内をアチコチ歩くつもりでしたが・・・
こぶおさんの疲労がかなりのピーク状態、とりあえず
道の駅の物産所だけを覗いて見ましたが・・・乾麺ばかりでした_| ̄|○ガクッ!!
078 (800x600)

それなら小豆島のソフトクリーム食べ歩き♪♪
醤油、オリーブときてコチラで【すももソフト】を食べるつもりでしたが・・・
さすがに大人のお腹にちべたい食べ物、連ちゃんは堪えますね・・・コレモ(TωT)アキラメマス!!
st000387-4917ca816076d.jpg <すももソフトクリーム割引クーポン>

プ~ラプ~ラ海岸の方へ行ってみるとカヤック教室をされてました♪♪
075 (800x600)
こちらの教室は岸から500m先の無人島まで行って休憩後、島の周りをくるりとまわって戻ってくる90分コース
お値段も3675円と手頃かな?
お若い人たちがたくさん受講されてました(*^。^*)

そういえば・・・
こぶおさんには却下されてしまったけどカヤックやってみたかったな~
次回は是非このツアーに参加してみたい!!(と云う訳で・・・備忘録のメモメモ)
happy-trail-happy-hour.gif
daytime-kayak-2.jpg


04-paddling.jpg05-paddling-2.jpg
07-ukabu.jpg08-beachi-cafe.jpg
09-paddling.jpg10-rerax.jpg

片道1時間かけてのんびりパドリング、島に上陸したら1時間のフリータイムを挟んで折り返し1時間のパドリング
フリータイムはシュノーケルをつけて泳ぐも良し♪♪ライフジャケットうを付けたままプカプカ浮くのも楽しそう♪♪
(島に上陸したらカフェでドリンク&デザートも楽しめるそうです)

期間: 5月~11月下旬まで
時間: 午前ツアー 09:00スタート12:00着
    午後ツアー 13:30スタート16:30着(全行程3時間)
料金: 7000円(1人)
    ガイド料、写真CD、デザート&ドリンク付き、保険料、装備一式、税込
    ※リピーターのお客様、小豆島在住のお客様は、1,000円割引となります

海に沈む夕日を眺める・・・
**サンセットカヤック**
sanset_kayak.jpg
時期: 7-8月
時間: 17:00~19:00 (約2時間)
料金: 5000円(1人)

いつかできたらいいな~(*^。^*)

小豆島の色んなツアーを企画運営されている
【ドリームアイランドHP】



そろそろお宿へ向かいます♪♪
[2012/09/22 23:54] 旅行 | TB(0) | CM(0)

『初秋の小豆島 オリーブ満喫の旅♪♪』・・・オリーブ公園&井上誠耕園編⑤ 

ヤマロクさんから車で5分/2㎞ほど離れた場所にあるのが・・・

【道の駅 小豆島オリーブ公園】
072 (600x800)
オリーブ公園といえば・・・
この風車が有名ですよね (姉妹島であるギリシャ・ミロス島から贈られたものだそうです)

069 (800x600)071 (800x600)
063 (800x600)064 (600x800)


それからちょっこっと興味があった・・・
**オリーブサイダー**        **オリーブソフトクリーム**
  
068 (600x800)066 (600x800)067 (800x600)
道の駅で販売しているオリーブオイル&オリーブ塩はパンがあって試食OK♪♪
(これが意外と・・・意外と・・・((*´゚艸゚`*))まぃぅ~♪)



どの木にもオリーブが沢山実っていましたが収穫は、このちょっと先10月頃だそうです♪♪
070 (800x600) (640x480)
◆オリーブ収穫祭 10月1日~11月30日
◆大収穫祭    10月20日・21日
         ・ちびっ子アーティスト絵画展
         ・オリーブ餅つき大会
         ・オリーブ料理の振る舞い
         ・ビンゴ大会、宝探しなどなど・・・        

広い園内には宿泊施設、地中海料理レストラン以外にも内海湾を望める高台に温浴施設があります
【サン・オリーブ温泉】
04.jpg05.jpg HPより
ハーブの香りがリラックス効果を高めるハーブ浴や、マッサージ効果をもたらすリラックス浴のほか
遠赤外線サウナや露天風呂なども揃っているそうです♪♪
明日フェリーの時間までに余裕があれば入りに来よう~♪♪


【オリーブ公園】
住所: 香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1
電話: 0879-82-2200
営業: 9:00~17:00 レストランは10:00~20:30、入浴施設は12:00~21:00
    入場料  無料
    温浴施設 大人700円、小人(小学生以下)400円、幼児(3歳未満)無料、貸しタオル100円

    
お次は旅行のきっかけとなったお店へ(車で10分/5㎞)・・・
073 (800x600)
小豆島の斜面に広がる広大な敷地で、オリーブや柑橘類の栽培を手掛ける島の農園
土づくりや減農薬にこだわり、あえて手のかかる自然農法を貫いているそうです
直営店ではオリーブオイルや柑橘類のジャムのほかにオリーブオイルの化粧品や石鹸を販売♪♪
074 (600x800) アイスも販売されてますよ~♪♪
今回の旅行は
こちらのお店の【新漬けオリーブ】と【オリーブオイル】で美味しいピザを作る!!

が一番の目的でしたが・・・
残念ながら【新漬けオリーブ】は収穫後の販売のため・・・
今年の販売時期は今のところ未定(10月に収穫、11月頃に販売かな??)o(*>Д<)ゝ < ザンネ-ンッ!!
【購入品】
124 (800x600)122 (600x800)123 (600x800)
とりあえず、目的のオリーブオイルが買えたので他でオリーブは探すことに!!


近くの農園直営カフェ【カフェ忠左衛門】では
お店で販売しているオリーブオイルやジャムなどを使ったカフェメニューが頂けるそうです♪♪
カフェ

<井上誠耕園/カフェ忠左衛門 割引クーポン>

【井上誠耕園】
住所: 香川県小豆郡小豆島町池田2352
電話: 0879-75-1101
営業: 9:00~17:00
定休: 年中無休
駐車場はショップ横に8台、国道を挟んだ店の向かいに3台駐車OK

【カフェ忠左衛門】
<お知らせ>2012年10月1日~10月14日まで、道路の一部が通行止めとなっております。
詳しくご案内いたしますので、まずは「井上誠耕園ショップ」までお立ち寄りください。
cafe-map.jpg


お次は小豆島に3つある道の駅(2つ目)へ・・・
[2012/09/22 23:53] 旅行 | TB(0) | CM(2)

『初秋の小豆島 オリーブ満喫の旅♪♪』・・・ヤマロク醤油編④ 

島宿真里さんでお世話をしてくださった仲居さんにお勧めの観光地をお聞きしてみると・・・
ほとんどの醤油蔵が土日祝日をお休みしてる中、予約なしで見学できる蔵がありますよ♪♪
と教えて頂きさっそく行ってみました!!

【ヤマロク醤油】
061 (600x800)
062 (800x600) 
創業者 山本藤太郎により明治初期に創業、現在の当主で5代目
当時の建物・木桶を使い、昔の製法にこだわり、じっくりと丹精を込めて、手間暇かけた手作りを行い
時代を問わず贅沢な香りと 美味しさを追求する醤油造りに励んでいる
昭和初期に作られた石練り堀と醤油蔵は国の登録有形文化財に指定。


ヤマロクさんにつくと『見学の方ですか?』と奥様にお声をかけて頂き
あとから来られたご夫婦と一緒に五代目の案内で見学です♪♪


ヤマロクさんのもろみ蔵は100年以上前(明治初期)に建てられた木造平屋で床は土間、壁は土壁。
見た感じ正直言って『ボロボロ』・・・(笑)ですが、そこが凄いポイントらしいんです!!
実は樽以上に、梁や土壁、土間の中のボロっちーところには百種類という酵母菌や乳酸菌たちが暮らしていて
蔵はここで暮らしている菌たちの日々変わっていく【生きてる家(蔵)】なんですって・・・
だから蔵を大きくしたくても建て替えは無理!!(新築しても菌がいないお家では美味しいお醤油が作れない)
よって少しずつ少しずつ手を加えながら大きくするしかないそうで、維持するのは非常に手がかかるそうです
ちなみに今使われている樽は創業当時からなので150年以上経過・・・
子や孫世代のことを考えると、今の桶は寿命が来つつあるそうです
(桶は100年持っても200年は使えないと言われてるので・・・)
052 (800x600)
050 (600x800) 051 (800x600)053 (800x600)
木桶を作れる職人さんも現在全国にわずか数名・・・
この方たちがいなくなれば木桶作りすらできない可能性も・・・
そこで500万もする桶を7つ新たに購入し、さらに今年初めに発注した新桶3本を使って
自分たちで桶の修繕が出来るよう地元の大工さんとともに桶師の作業場へ技術を学びにも行かれたそうです



この奥が醤油蔵・・・
見学の後は、奥様からお醤油の説明をして頂き味見♪♪
055 (800x600)

【購入品】
新桶で2年仕込んだ【新桶初搾り】・・・
まだ菌が住みついていない桶で作られたその味は、二度と出会えない今だけの味♪♪
友人お勧めの【鶴醤(つるびしお)】は二倍の原料と歳月をかけて仕込んだ非常に手間のかかったお醤油
117 (800x600)119 (800x600)
                                  お鍋の季節に良いかもと・・・ポン酢とだしつゆもGET!!


蔵の入り口の【ヤマロク茶屋】
059 (600x800)060 (600x800)058 (600x800)
人気の『ジャージー牛アイスクリーム鶴醤まぜまぜ』~♪♪ (カラメルのような味がするそうですよ!!)
056 (800x600)057 (800x600)
ヤマロクさんのお醤油づくりは自然に合わせた、作り方が基本・・・
決して人間が管理しやすいように醤油に無理をさせるようなやり方ではありません
だから夏の暑い日も冬のしばれるような寒さも関係なしの年中無休・・・

桶の数ではヤマキンさんが日本一と書きましたが・・・
一人で管理する桶の数はここ、ヤマロクさんが断トツのNO1なんだそうです
決して楽な仕事ではないし儲かる仕事でもないけれど・・・
一人でも多くの方に実際に来て、見てもらって、味見してもらい安心して買ってもらえるように・・・
休日返上の予約なしで蔵の見学を受け入れておられるそうです


今回何気に行ってみた蔵見学・・・
手にしたお土産がより重い物に感じたのは五代目の思いももらって帰れたからかもしれませんね
頂くのが今から楽しみですヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

【ヤマロク醤油】
住所: 香川県小豆郡小豆島町安田甲1607
電話: 0879-82-0666
営業: 9:00~17:00(ヤマロク茶屋)
年中無休
駐車場あり(正面と裏側に4~5台可)
蔵見学のお願い:来る前に納豆は食べないで下さい(お醤油づくりの菌は納豆菌には非常に弱いそうです)
【ヤマロク醤油HP】

[2012/09/22 23:53] 旅行 | TB(0) | CM(2)

『初秋の小豆島オリーブ満喫の旅♪♪』・・・島宿真里編③ 

お昼は島宿真里さんで・・・

お泊りは中々予約困難なようですが・・・
お昼なら3日前で予約出来ました(^。^;) ホッ
020 (800x600)
国の登録有形文化財指定の母屋は先代のおばあちゃんが嫁いで来られ、主が生まれ育った家だそうです
真里の前身となる民宿(おばあちゃんの頃は1日1組のお宿でした)の名残を今に受け継いだ昔懐かしい建物・・・



母屋の食事処(個室)にて頂きます・・・
021 (800x600)022 (600x800)048 (800x600)
024 (600x800)023 (600x800)045 (800x600)047 (600x800)
 

お昼の料理はこの2種類・・・
竹籠膳   3500、4500(税別・サービス料5%)
竹籠会席  5500~(税別・サービス料5%)



お部屋に入るとテーブルの上に 竹籠に乗ったお料理の数々・・・
032 (800x600)026 (800x600)028 (800x600)029 (800x600)
031 (800x600)027 (800x600)033 (800x600)030 (800x600)
こぶおさんがポツリ・・・
『冷酒でキュっとやりたいわ~』・・・ワカリマスヨ・・・ツギハ・・・(o・_・)ノ”(ノ_<) カナラズネ・・・

046 (800x600)034 (800x600) お豆腐にかける醤油は『やまろく』さん・・・

**生そうめん**
035 (800x600)036 (800x600) 
小豆島に来て初めて【生そうめん】って頂いたんですが・・・
腰が強くってすごく美味!!乾麺とは全く違いますね!!(これはお土産候補!!)
おじゃこのカリカリした食感と程よい塩気に揚げたトウモロコシの甘さが絶妙です!!

**お造り**
037 (800x600)038 (800x600)
サザエにもにた食感のにし貝とさごしのお刺身を生醤油ともろみ醤油の2種類で食べ比べ♪♪

**ウオゼの煮つけ(諸味味噌)**
039 (800x600)041 (800x600)
刻んだ茗荷と諸味味噌を付けて頂くのですが・・・横に添えられてる野菜のなんと美味しいこと!!
珍しいな~と思ったキャベツは火の入り加減が絶妙で和風ポトフのような美味しさ♪♪


真里名物 土鍋デ炊ク、オコゲゴハン・・・
**生姜とごま油のご飯**
042 (800x600)043 (800x600)
小豆島にはごま油で有名な【かどや】の工場があります♪♪
かどやさんのごま油かどうかは??聞くの忘れちゃいましたが・・・
ごまの香ばしい香りに生姜のアクセント♪♪お腹も一杯なのに・・・どんどん食べれちゃいます!!(●>艸<)美味!!

**いちじくのシロップ漬け**
044 (800x600)

お腹も一杯大満足
(*_ _)人ゴチソウサマデシタ♪♪

【島宿 真里】
032 (800x600) (2)
住所:香川県小豆島醤油蔵通り
営業時間ご昼食 12:00~15:00(最終お料理開始13:30)
ご夕食 18:00~22:00(最終お料理開始19:30)

※お席が限られておりますため、ご予約はお電話でお問い合わせください。
※平日 月・火・水曜日のご昼食につきましては、
 しばらくの間お休みとさせていただきます。
 (10名様以上の場合は、ご相談ください。)

ご予約0879-82-0086

【島宿 真里HP】

腹ごなしに醤油蔵界隈を散策へ・・・♪♪
[2012/09/22 23:52] 旅行 | TB(0) | CM(2)

『初秋の小豆島オリーブ満喫の旅♪♪』・・・マルキン醤油記念館&販売店編② 

フェリー到着から昼食の予約時間まで30分ほど時間があるので・・・
坂手港すぐ近くの醤油蔵見学♪♪

【丸金醤油】  
マルナカスーパーでも販売されてるマルキンさんは小豆島で一番大きな蔵なんだそうです
049 (800x600)
                  黒壁の向こうは日本最大級のもろみ蔵・・・
    千葉、湯浅(和歌山)と醤油産地は色々ありますが、木桶を使って仕込をされているのは
    ここ小豆島がNO1だそうです(つまりマルキンさんの木桶の数は日本一多いそうですよ!!)
                 img1.jpg
  道路を挟んで向かいに・・・
019 (800x600)

  マルキン醤油記念館&販売店・・・
018 (800x600)

暑かったんで・・・
**醤油ソフトクリーム¥250**
017 (600x800) カラメルのようなコクがあって中々(●>艸<)~美味♪♪
【醤油ソフト&記念館割引クーポン】

住所 : 香川県小豆郡小豆島町苗羽 甲1850
電話 : 0879-82-0047
入場料: 大人210円 小人100円(団体ほか料金はHP参照)
http://www.kyodo-ajikiko.com/03memorial/memorial.html
marukingyo_1920x1080 (800x450)わるきんぎょ
マルキンさんのキャラクター「まるきんぎょ」「わるきんぎょ」 う~ん泳ぐのも・・・飲むのも・・・どうやろ・・・微妙(笑)

そろそろ良い時間なので・・・
お昼へ向かいます♪♪

[2012/09/22 23:50] 旅行 | TB(0) | CM(0)

『初秋の小豆島 オリーブ満喫の旅♪♪』・・・小豆島行ジャンボフェリー編① 

『小豆島のオリーブでピザを作って食べてみたい!!』と思ったのが2週間前・・・
調べてみると神戸港から1日3便フェリーが出てるし
今ならキャンペーン価格¥4990(車両1台、運転手1名)とお得♪♪
どうせなら日帰りじゃなくて1泊したいよね~とアレコレ準備・・・


【2012年9月22日(土)晴れ】7:00出発!!
001 (800x600)
【新港フェリー乗り場(高松、小豆島行)】
神戸港 8:00出発→ 坂手港 11:10到着!! (3時間の船旅)

002(600x800).jpg
003_20120925161727.jpg 自転車で乗船される方も・・・

1階が小豆島行の車・・・そしてコチラ2階が高松行なんですが・・・意外と少ないかな?
 ちなみに土日祝日の小豆島行は予約してないと乗れないこともありますよ!!
006 (800x600) 

海から神戸の街並みを見ることってあまりありませんでしたが・・・
こうやってあらためて眺めてみると綺麗ですね♪♪
008 (800x600) 

5分も眺めていると飽きてくるので・・・(笑)
甲板にて朝食♪♪
**マックモーニング**
007 (800x600) 
風が涼しくって最高に気持ちが良いです

船内には雑魚寝が出来るカーペーットの部屋・・・
ひと昔前のバスみたいにあまり倒せないリクライニングシートの椅子・・・
(女性専用はグリーン車みたいな快適そうなやつでした)
個室は小さなベッドのみで¥2000(別料金)・・・とありましたが

久々の船旅でテンションがあがっていたのでほとんど甲板在住(笑)
神戸港を出て1時間ほどで見えてきましたよ♪♪
【明石海峡大橋】
010 (800x600)011 (800x600)012 (600x800)
013 (600x800)014 (800x600) 
下から眺めるのも初めて~♪♪ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪キャッキャッ!!
015 (800x600)  家島諸島のあたりは小島がプカプカ♪♪

前に見えてきましたよ~♪♪小豆島~♪♪
【坂手港到着~♪♪】
016 (800x600)


関西汽船【ジャンボフェリー】就航一周年♪♪
小豆島行(7月~11月土日祝日特別ダイヤ)&キャンペーン価格(いつまでか?ですが・・・)
001 (800x600)002 (800x600)
<乗用車+運転手1名含> 
       片 道    往 復/片道あたり
   ・ 軽自動車  4,490円  8,980円/4,490円
   ・普通自動車  4,990円   9,980円/4,990円
<二輪車+運転手1名含>
   ・125cc以下  3,590円  6,580円/3,290円  
   ・126cc以上  3,990円  6,980円/3,490円
<自転車>
   ・大人 2,140円 3,980円/1,990円 ・小人 1,240円 2,330円/1,165円
 (12歳未満)
<同乗旅客(運転手以外)>
   ・大人 1,400円 2,800円/1,400円 ・小人700円  1,400円/700円

乗船時間は長くて便数も限られますが・・・日生や姫路から行くよりかなり安く行けますよ♪♪
高松行はETCを使って乗船すると運転手以外の大人1名無料で¥4990です♪♪
香川にうどんを食べに行くなら橋を使っていくよりお得かも!! (詳しくはコチラ→ETCトクトクキャンペーン

004 (800x600)
【ジャンボフェリーHP】
[2012/09/22 23:50] 旅行 | TB(0) | CM(4)