『なんば焼』&『百十郎』 

和歌山へ仕事で出掛けたこぶおさんから
『なんかお土産いる?』のメール・・・
速攻返信(笑)


『なんば焼~!!&梅干し~!!』
001 (800x600)
以前旅行の際にお土産に買って、そのおいしさに感動した!!
【たな梅】さんのなんば焼は・・・
エソやグチを原料として作られる古より紀州田辺の名産で南蛮渡来の製法とも言われるのが
名前の由来、製品の形が方形で天部のなんばきび色の丸型焼き付けが特徴♪♪
決してカステラみたいに甘い蒲鉾ってわけじゃないですからご安心を!!(笑)
003 (800x600) ブリンとした歯ごたえが堪りません!!

煮焼きすると風味が失われてしまうそうなので
歯ごたえを楽しむために1㎝くらいのやや厚めに切ったものを山葵醤油で頂きます♪♪
021 (600x800)023 (539x800)



合わせたお酒は・・・
**『百十郎』黒面・生原酒<別誂えおりがらみ>@岐阜県/蔵元林本店**
040 (489x800)041 (774x800)
最近は海外でも日本酒を飲まれる方が増えてきているそうで
ラベルや瓶にも工夫がされていますね
特にコチラの商品は外国の方が好きそうな歌舞伎役者の隈取が描かれています
brand_oneten_promo.jpg HPより

「百十郎」とは・・・
地元の歌舞伎役者・市川百十郎氏に由来
岐阜県各務原市で明治から昭和にかけて活躍した役者で、昭和6・7年には計1200本もの桜の木を境川に植えた人物。
のちにそこは「百十郎桜」と呼ばれ、「日本さくら名所100選」にも数えられており
毎年、春になると20万人を超える人々が桜のもと楽しい宴をひらいているそうです

『百十郎桜のもとに多くの人が集まるのと同じように、一献の酒を通して世界中の人々に安らぎとコミュンニケーション
を伝えたい』そんな夢を形にしたのが【百十郎】というお酒だそうです

**蔵元林本店(株式会社 林本店)**
住所: 岐阜県各務原市那加新加納町2239
電話: 058-382-1238 FAX 058-383-3315
【蔵元林本店HP】

**株式会社たな梅本店**
住所: 和歌山県田辺市福路町39
電話:  0739-22-5204 FAX 0739-22-8383
【たな梅HP】


ゴチソウサマデシタ♪♪
&こぶおさんに(*_ _)人感謝!!
関連記事
スポンサーサイト

[2015/02/09 23:59] 家飯・お酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nyanko1325.blog90.fc2.com/tb.php/1291-0f461698