『祖谷のかずら橋』@徳島県 

お天気にも恵まれた今年のシルバーウィーク
さすがに5連休とは行かないこぶおさんですが・・・
お休みが頂けたのでちょぴっと遠出のドライブへGO!!



明石大橋を渡って・・・
001-1 (800x800)
最初のSAで朝ごはんを食べれば良いかと早めに出発したのですが・・・
さすがに行楽日和の連休ですね
駐車場も満車状態、軽食も長蛇の列(と・・・言訳しておきまして・・・(笑)

朝からガッツリの・・・
**かつ丼(ミニうどん付)¥950**
004 (800x600) 二人でシェアですが・・・
かなりのカロリーですね(^_^;)



さらに・・・
最後の休憩(吉野川SA)でも・・・
**中津からあげ5個¥500**
008 (600x800) 小5のこぶ君暴走!!(笑)
『何でさっき揚げ物食べてコレ選ぶん?』と言いつつも・・・
カラリとした衣で激ウマ!!(゚д゚)ビックリポンヤワ~!!


家を6時半に出発して4時間
ようやく目的の場所へ到着!!
059 (800x600)
四国は徳島県の大歩危小歩危峡谷にある【祖谷のかずら橋】は
その昔、平家の落ち武者が逃げ込んだ際に追手が迫ってもすぐ切り落とせるよう
葛を使って架設したと言われているそうです


【シラクチカズラ】と言われる落葉性のつるで編まれた橋は3年に一度架け替えられ
今は強度補強のためワイヤーが中に入っていますが
歩くたびに右に左に橋が揺れるのと、峡谷の高さもあり足を踏み外すと谷へ落ちるんじゃないかという不安が
手に伝わり更に揺れが増幅するという魔のトライアングルはちょっとしたアトラクション気分!!! (||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)!!!
016-4 (600x800)019 (600x800)
018 (600x800)022 (600x800)
021 (600x800) ガクガクブルブル(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

【祖谷蕎麦】
子供の頃、橋のそばでボソボソ切れる太いお蕎麦を食べた記憶があって
『お蕎麦ってあんまり美味しないな~』って思ったんです
大人になってそのイメージはガラリと変わりましたが
この年で感じる味は子供の頃の記憶と同じなのか?という単純な疑問を解決すべく
ウン十年ブリに遠路遥々連れて来て貰ったのに・・・
さすがに長距離運転してきたこぶおさんに『まずかった思い出の味を食べよう』とは言い出せず
店の前を通り過ぎて橋の下の河原へ
024 (600x800)025 (600x800)
025-1 (600x800)027 (600x800)
028-1 (600x800)055-1(600x800).jpg
028 (800x600)033 (800x600)
河原で遊んだ後も気持ちは変わらずお店の前を足早に通り過ぎ・・・
こぶおさんにねだられた名物【でごまわし】(こんにゃく・サトイモ・豆腐に柚子味噌を塗った田楽)も
『後で良い物食べようね~』とかわして
最初に入ったお土産物館でササっとお買い物~♪♪
058 (800x600)
085 (800x600) 祖谷名産【こんにゃく&そば米】
そば米:そばの実を湯がいて干したもので鶏肉と野菜と一緒に
汁に入れて煮たものは祖谷地方の郷土料理だそうです【そば米レシピ】

【大歩危小歩危・祖谷のかずら橋観光HP】
住所:三好市東祖谷菅生620
料金:大人:550円 小人:350円
時間:日の出~日没、冬季休業(12月1日~翌年3月31日)


お昼はかずら橋のほど近く・・・
峡谷の素晴らしい眺めを見ながら祖谷蕎麦が頂けるというお宿の蕎麦処へ
069 (800x600)

**ざるそば**
065 (800x600)066 (800x600)
**おろしそば**
067 (800x600)068 (800x600)

こちらのお蕎麦は祖谷蕎麦と言う事でしたが
小さい頃に頂いた【ボソボソ切れる太短いお蕎麦】といった感じではなく
のど越しの良い美味しいお蕎麦♪♪
だったと思うのですが・・・
お腹が空いていたせいもあって二人して勢いよく食べてしまったからでしょうね?
良くも悪くも印象に残らずd(‥〃)o残念!!


もしかしたら心の何処かであの味の再現に答えをを求めているのかもしれませんね(笑)
**メニュー**
061 (800x600)064 (800x600)

【祖谷美人】
060 (800x600)【祖谷美人・お宿HP】

お蕎麦を頂いた後・・・
粗野渓の小便小僧や大歩危小歩危の美しい峡谷(遊覧船)や(ラフティング)
(11月くらいの紅葉の季節が一番美しい景色かもしれませんね)
SS000023-1 (560x800)d8d2e8d599f75dada276618d93857681 (600x800)
aef18e877ce584f694567f0d5d7bfe79 (800x537) 【大歩危・祖谷観光ナビHP 参照】 

を見て回ったりするのも良いかな~と思っていたのですが
さすがにあんまりノンビリしていると渋滞に巻き込まれる可能性もあるので先を急ぎます
【道の駅大歩危 ・ ラピス大歩危(妖怪屋敷)】から眺めた峡谷の景色をパノラマ撮影!!足湯併設あります♪♪
072 (800x261)
073 (600x800)074 (600x800)


途中のSAで・・・
075 (600x800) スパイシ~なすり身天~♪♪

淡路に戻って・・・
あさじさんで夕飯用のあなご丼と晩酌用の焼き穴子GET!!
076 (600x800)081 (600x800)
住所: 兵庫県淡路市浅野南101-6
電話: 0799-82-0757
営業: 9:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休: 火曜日
駐車場あり 
【前回訪問(2010年6月)】

淡路SA(上り)で・・・
077 (800x250)
美味しいとネットで評判だった【蛸飯の素】と【淡路ポークソーセージ】【塩わかめ】【大たこ天】

079 (800x600)

せっかく美味しい穴子を買ったので
橋を渡ったら直行酒屋へ・・・
**出羽ノ雪『純米大吟醸ひやおろし 瓶囲い出羽燦々@山形県/渡曾本店**
107 (600x800)109 (600x800)



家に戻ったら楽しい晩餐です~♪♪
**あなご丼・焼き穴子・たこ天・さしみこんにゃく**
091 (800x600)094 (600x800)
103 (600x800)100 (600x800)089 (600x800)
穴子丼は土日限定販売ですが、大盛りの穴子丼はご飯が見えない位に敷き詰められた穴子と
ご飯の中にもしぐれ煮の穴子が入っていてお値段1000円チョイとかなりお得で
淡路に行ったら必ず買ってしまうお弁当(注文を受けてから作ってくれるのでご飯も温かくて美味しいんです)
肉厚な焼きアナゴもタレの味が上品で((*´゚艸゚`*))まぃぅ~♪


後日一緒に買った穴子しぐれ煮で・・・
141 (800x600)143 (800x600)144 (800x600)
145 (800x600)146 (800x600) 中外ダブル穴子!!

147 (600x800)
【しぐれ煮】って元の味がしない位、味が濃くって固いものが多いんですが
あさじさんのしぐれ煮は穴子がしっかり残ってて旨ウマ!!
そのままお茶漬けにしても美味しいそうですが、レンチンで20秒ほど温めると
ふわっとした身の食感が味わえて蒸し穴子のように((*´゚艸゚`*))まぃぅ~♪
(ご飯に焼きアナゴのタレをかけておくと最強です)
量も中にも上にも贅沢に(二人前分)使えてお値段500円位だったかな?
(日持ちもしますし小サイズは300円位からあったのでお土産なんかにも良いですよね)



ネットで美味しいと評判だった
**淡路島 蛸飯の素**
154 (600x800)155 (600x800)156 (600x800)
158 (600x800)157 (600x800)160 (600x800)
161 (600x800) 生わかめと蛸めしGOOD!!


いつもながら観光より食べ物中心の旅ではありましたが
家に帰ってしばらくしても堪能できるお土産があれば
しばらくは旅の話に花が咲いて楽しめますよ♪♪

※かずら橋を渡るのは僅か5分程度ですが、日常にはない感覚が味わえてしっかり記憶に残るので
 是非お勧めですね♪♪
(最初はしぶっていたこぶおさんも結構ノリノリで楽しんでましたよ(笑)



PS:こぶおさん長距離運転ありがとう<(_ _*)> 感謝!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nyanko1325.blog90.fc2.com/tb.php/1375-bebe53ff