『鹿嶋神社』@高砂市 阿弥陀町 

食事の後・・・
【一願成就】で受験シーズンには多くの学生やら父母がお参りに訪れる
高砂の鹿嶋神社へ

033 (794x800)
小さい頃は家から近かったせいもあってお正月の参拝はいつもコチラへ伺っていたこぶこ実家
帰りに名物の【かしわもち】を買って帰るのがお決まりで
子供心に・・・
「鹿嶋さん」やから「かしわもち」なんや・・・と納得していましたが
大人になってよく考えると「かしま」で「かしわ」??なんで??
(昔よりこの地域は良質なもち米が取れた事から、かしわもちを作って奉納していた・・・とか)
(姫路のお殿様が鷹狩りに訪れた際に柏餅を献上したのが始まり・・・とか)諸説あるようです
いずれにせよ、店頭で蒸し上げたお餅を注文の度に柏の葉で包んで出して下さるので
香りが良く美味しいのです!!
034 (698x800)
暖冬と言われていましたが
この日はこの冬一番の寒波が来た日(沖縄で雪がチラホラ舞った時期)
手水舎の柄杓も氷柱(つらら)が立ってました才才-!!w(゚o゚*)w
034-2 (600x800)
石段のグレー・両脇の木々の緑・奥に見える本殿の赤
手水舎から見上げるこの風景が何とも言えず素敵なのです

034-3 (600x800)
石段を登って・・・
本殿へお参り

鹿嶋神社では神さまに願い事をする「御堂廻り」と呼ばれる願掛けの風習と残っており
その名のとおり、本殿のまわりをめぐってお祈りを続けるというもので
祈願者は願い事を記した竹の棒を年齢の数だけ手に持ち本堂の廻り(通路)をめぐります
(本殿の裏に来たら、願い事をしながら本殿裏の壁を叩く/神様に願いを聞き届けてもらうため)
竹の棒はまわりを一周するごとに1本ずつ奉納箱に納め
全てを奉納し終えると願い事が成就すると言われています
039 (600x800)
この日もたくさんの方が願掛けの「御堂参り」に来られていました
【一願成就】
欲張ったお願い事やザックリし過ぎたお願い事は聞き入れてもらいにくいかもしれませんね
ピンポイントでお願いするのがベスト!!
039-2 (787x800)

お参り後に頂くお守り【招き猫】はおみくじも兼ねているので
欲しいものがお守りとして頂けるとは限りませんが
こぶおさんは【吉】私は【末吉】
ともに頂いたお守りは白/開運招福・吉兆来福  
沢山の良いご縁(福)が舞い込みますように!!


「初詣」ー「えべっさん」ー「厄除け大祭」と巡ってきた参拝もこれでひとまず終了
後は自分で努力するのみです(笑)




**鹿嶋神社**
住所: 兵庫県高砂市阿弥陀町地徳279番地 HP
電話: 079-447-4676
map_201602131418059d1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

[2016/01/24 22:29] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nyanko1325.blog90.fc2.com/tb.php/1431-e87b13d0