『花巴(はなともえ)』@奈良県 美吉野醸造 

IMG_1714 (1024x768)
奈良で買ってきた食材を使って今宵の晩餐始まります~♪♪


神戸では見かけないお野菜【大和まな】は・・・
同じく産直市場で買った、ちょっと肉厚な【薄揚げ】と炊いて・・・
IMG_1720 (768x1024) しゃきしゃきした食感がええ感じです♪♪

スーパーではあまり見かけない【大和ポークの豚スジ】(豚肉のスジって珍しい!!)
一緒に買った新じゃがとキムチを乗っけて【甘辛豚ジャガ】
IMG_1724 (768x1024) ホロホロと柔らかで甘みがある美味しいお肉です


剣先いかのお刺身はこぶおさんが捌いてくれました~♪♪
新鮮なお魚が充実していた【よってって】で買ったカワハギちゃんは肝付!!
IMG_1722 (768x1024)IMG_1723 (768x1024)

手作り感満載の【薄揚げ】は軽く炙って【生姜ポン酢】・・・
IMG_1721 (768x1024) しっかり目の食感がお肉のようで最高です!!

これ以外にも・・・
地元農家さん手作りの奈良漬けに柿の葉寿司・・・
酸味のあるお酒だから同じ発酵系のお漬物【古漬けのかぶら】などなど・・・

**花巴(純米大吟醸)splash**
IMG_1725 (586x1024)IMG_1727 (604x1024)IMG_1726 (853x1024)
IMG_1728 (576x1024) シュワシュワ~凄い発泡!!


そして私が楽しみにしていた、もう1本
**花巴 水もと 純米無濾過生原酒**
IMG_1729 (768x1024) 白ラベルが水もとのしるし

水もと(菩提もと)とは・・・
奈良の寺院で室町時代に創り出された醸造方法で、生米を水に浸して乳酸発酵を促すことで酸度を高め
安全に醸造するという全国的にも珍しい製法。
(彼岸の温かい時期に余剰米を使って鎮守や仏へ献上するお酒を造るために編み出された製法)
まず一段階目に生米に蒸した米を少量加え水につけておくと米が腐り酸味が出てきます
この時の匂いは鼻が曲がるような臭いですが、しっかりと腐らせて酸を引き出す大事な工程。
二段階目ではその腐らせた(乳酸発酵させた)水を仕込み水として生米を取り出し蒸した後に混ぜ合わせます
生米はすっかりヨーグルトご飯のような香りになっており
蔵全体に酸っぱさが立ち込むそうです
(蔵付き酵母を使い(酵母無添加)、昔と同じように温度管理などはせず見守るのみの放任?(笑)



鼻を近づけた瞬間、チーズのような匂いがフワっとあがり
口をつけると、今まで味わったことのないような旨味と酸味が交互におしよせ
飲み終わりは不思議と甘さを感じずに旨味だけが余韻として残るような不思議な味わい
日に日にお酒の発酵が進むので最後の1杯を飲んだ時は白ワインのような酸味がありました

米の旨味が強いお酒は美味しいけど・・・
どうしても甘ったるく感じてしまう、加水せずに中和するには酸度を上げることが必須ですが
そんな思い切った日本酒を作っている蔵元さんは無かったような・・・

【美吉野醸造HP】
【登酒店】


本を買ってから・・・
買いに行きたいな~買いに行きたいな~とこぶおさんに話をするも中々興味を持ってくれなかったのが
ふく★ラモ~ンさんの【コチラ】【コチラ】の記事を読んだら速OK(笑)  
感謝です(*_ _)人アリガトウゴザイマス!!



番外編・・・
【三輪そうめんの糸バチ】
IMG_1733 (1024x768)IMG_1730 (768x1024)
産直市場でみつけたお買い得な素麺
箱にた~んまり1.5㎏も入って¥800くらいだったかな??
素麺を伸ばす際に引っ張る部分で(棒にかかってるフシではなく)通常の三輪そうめんよりも
さらに細くてゆで時間も僅か1分程度と超ラクチン!!
今年の夏はササっと湯がいて食べたりにゅう麺にしたりと堪能出来そうです.ヽ(^Д^*)/. ゜ワァ~イ

関連記事
スポンサーサイト

[2017/06/13 23:43] 家飯・お酒 | TB(0) | CM(2)

ふく★ラモーン様へ

こちらこそ・・・
いつも楽しみに拝見しております<(_ _*)>感謝!!
[2017/07/10 09:14] こぶお&こぶこ [ 編集 ]

ありがとうございます!

リンクありがとうございます!
花巴の水酛、独特の味わいで美味しいですね!
[2017/07/10 00:27] ふく★ラモーン [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nyanko1325.blog90.fc2.com/tb.php/1602-b295bdb1