博多・黒川を巡るグルメと癒しの旅・・・その④(お宿編) 

黒川温泉 【清流の宿 帆山亭】 到着
帆山亭さんは黒川でも奥黒川と言われるかなり奥まった所にポツリとある
川のせせらぎと鳥の鳴き声がBGMのお宿です
正面が離れのお部屋 右手が母屋です
snap_nyanko1325_2008124221236.jpg

私達のお部屋「ふきのとう」          かわいい「夫婦ぞうり」
P1002075.jpg P1002076_convert_20081226175216.jpg

10畳くらいの広さがあります  裏手には黒川の源流が・・・
P1002058.jpg P1002051.jpg
窓を開けるとと、吹き抜ける風が心地よくって こぶおさんウトウトお昼寝★(´-ω-).。oOO グゥグゥ

こぶ子はカメラ片手にお宿散策へ
すぐ裏手に阿蘇の山々が連なり温泉街からも3㎞も離れている為かなり静かです
P1002097.jpg お部屋は全て離れ+露天風呂付
歩いているとそこかしこから硫黄の臭いが・・・(すぐ近くにはすずめ地獄もあったな~)
真っ黒な『湯の華蒸たまご』は1個100円(お腹が空いてたら頂くのに・・・まだずつないわぁ~)
P1002093.jpg P1002094.jpg
【鐡爺の小屋】 …おじいさん(宿主?)が薪で火を熾しています
このお宿は源泉かけ流しですが、水温が低いので薪で加温しています
P1002096.jpg P1002095.jpg

【大露天風呂】
P1002061.jpg
朝夕で男女入替です 入口に「混浴」の文字が・・・
基本「男性専用」はなく女性も勇気があれば入れます
P1002089.jpg P1002090.jpg
「本日の女湯・・・天狗の湯」 源泉・ぬる湯・あつ湯の3つがあります
P1002092.jpg P1002091.jpg
 
「本日の混浴・・・仙女の湯」源泉・ぬる湯・あつ湯の3つがあります
P1002080.jpg P1002082.jpg
どちらも、お宿裏手の清流沿いにあり
川を泳ぐやまめの姿がお風呂に浸かりながら見えるそうです
【洗い場と脱衣所】
P1002087.jpgP1002088.jpg
部屋は露天のみで内風呂なしなので体を洗うのはこちらだけ・・・
なのに露天風呂の片隅にちょこっと囲われてシャワー2つのみで内湯なし
冬場は相当寒そうです
まっ、露天風呂がすごく素敵なので問題なしってことで・・・
【部屋露天】
部屋から出て、すぐ裏手のこの野趣溢れる脱衣所でお着替えし・・・
虫さん用のあみを手に持ち入ります
P1002059.jpg P1002074.jpg P1002073.jpg
清流のせせらぎと鳥の鳴き声が本当に癒されます・・・
こぶおさんはあんまり鳥が奇麗に鳴くもんで『あれは録音や!!』とかなりの都会っ子ぶりを発揮!!
この野趣溢れる温泉には滞在中1度きり・・・(都会っ子は虫も苦手のようです)

野性児こぶ子はかなり気に入り(4~5回いやもっとはいったかも・・・)
湯質が素晴らしくって・・・有馬に近いヌルっとした感じが最高!!
とにかく自然の音に癒されるお風呂でした

夕飯前にちょこっと【黒川温泉街】を散策です
P1002052[1] beer3.jpg
<後藤商店> にて地ビール購入♪♪ 有馬くらいの小さな温泉街です・・・
真ん中には【田の原川】(黒川ではないんですね)が流れています
P1002054.jpg P1002055.jpg
有名な「ふもと旅館」「ふじや」を抜けて・・・
P1002056.jpgP1002053_20111005213922.jpg
お腹もまだまだ一杯なので・・・
物産展でもお馴染みの「白玉屋新三郎」もとうり過ぎ「麓」のケーキも見るだけでお宿へ戻ります

夕飯まであと2時間・・・
まだまだ昼食の強烈パンチをくらったままの二人です


関連記事
スポンサーサイト

[2008/12/23 23:00] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nyanko1325.blog90.fc2.com/tb.php/33-b52c9689